カメラ出張買取の具体的方法&失敗を防ぐ売り方

カメラの出張買取を依頼できる人の条件は、
売却したいカメラがたくさんある」なら依頼できます。

1台や2台のカメラだと出張買取は依頼できない

絶対にNGってわけじゃないけど、大抵の買取店はNGとなります。
よほどお店の近くである場合を除き、1~2台のカメラだと出張買取は利用できません。

東京・神奈川で出張買取を利用するならこちらが良さそう

カメラ買取店比較・ズバリ!おすすめなカメラ買取店

買取店なら即日で売れる

即日でカメラを買取してもらってお金にしたいなら、
出張買取または店頭買取で売る方法がスピード感は抜群です。

 

即日出張買取を利用すれば手間もかからないし、
すぐにお金にできるため急ぎの人にはベストな売り方です。

カメラの量が多いなら出張買取がとってもおすすめです!

 

出張買取のメリット・デメリット


では、カメラの出張買取についてもっと詳しく見ていきます。

 

まずメリットですが以下の点が挙げられます。

・すぐに現金化できる
・カメラを持っていく手間や梱包する手間を省略
・夜間や休日にも対応している店があり、忙しい人でも売りやすい

こんな感じです。

何より一番のメリットは手間です。

カメラの数量が多ければ運ぶのも一苦労です。

MEMO
カメラの数量ですが最低でも5台以上のカメラ・レンズをお持ちの場合には出張買取を検討しましょう。カメラ1台とレンズ1本など少量のアイテム数だと出張買取は不向きとなります。たまたま自宅からすぐのところに買取店があって、お店の人が歩いて取りに来てくれるなど、例外ケースもありますが、基本的にはカメラ1~2台だと出張買取は不可となってる店が多いです。

 

カメラの量が少なくて宅配買取を利用するにしても、カメラは精密機械なことを意識しなくではなりません。

箱詰め作業は慎重にやる必要があり、適当に箱詰めしちゃって壊れてしまったら最悪です。
せっかくの売り物であるカメラの価値が下がってしまい、買取価格も下がります。

 

出張買取なら自宅待機しているだけでOKです。
基本的に出張してもらったその場でカメラを査定してもらい、金額が出るのを待ちます。

 

台数が多いケースだとその場での査定ではなく、持ち帰って査定となることも多々あります。こういった場合には事前に大まかな買取金額を聞いておき、本査定してもらった金額があまりに下がるようならキャンセルすることも視野にいれておきましょう。

 

カメラ出張買取の最大のポイント

自宅や仕事場まで担当の人に出向いてもらうことになるんですが
イザ査定してもらったら金額がかなり安くなるお店も存在するようです。

そのため、上述したように出張買取を依頼する前にザックリと査定金額を聞いておくことが重要です。

もし遺品整理や親族のカメラ売却の場合などでカメラの機種を詳しくわからないようなら
全部のカメラをスマホなどで撮影し、出張業者へメールして査定してもらいましょう。

 

実際に現物見ないと買取価格を出せないのは仕方ないのですが
ザックリと●万円~●万円のような感じで大まかな買取金額をを出すことはできるはずです。

目安になる金額さえも出してくれない業者だとちょっと危険な臭いします。

なかには出張しちゃえば買取価格が安くても妥協してくれると思ってる業者もあるため
事前査定で目安を聞くことは絶対条件としてください。

 

出張買取を使うデメリットについて

上述したように査定金額が曖昧だったり、お店によっては事前の金額より下がる場合があることです。下がっても断りづらい雰囲気となるのが出張買取のデメリットです。

なんせ相手はわざわざ車を使って自宅まで来てるわけですから、普通の神経してる人だとよほどのことがないかぎり買取自体を断ることできません。

この点がデメリットです。

出張買取って断れるの!?
ちなみにですが、出張買取で自宅へ訪問してもらってから、「やっぱり売るの辞めた」ということはできるのか?ですが、断ること自体は可能ですが、業社としては時間をかけて出張してきているので、モラル的にはナシでしょう。ただし、断る理由があるなら問題ありません。たとえば、目安の買取金額より大幅に下がってしまった場合などです。
文章

こんなケースだと出張買取は利用できない

・自宅に来てもらうのは困るから出先で買取してもらいたい
・自分の身分を隠して売りたい
・未成年で学生である

出張買取の基本は自宅です。

出先への出張買取は古物の法律上NGとなってます。
買取を行うには一定の条件があるため、どこでも出張できるわけじゃありません。

また、売るためには免許証など身分証が必須です。
これは盗難品の売却などを防ぐために確認が義務付けられています。

未成年の人も買取不可だったり、親の承諾書が必要になります。

 

出張買取の査定方法&依頼方法

カメラの出張買取を利用するには、以下の方法を使って査定してもらいましょう。

手順1
カメラをリスト化
出張買取を考えてるということで、それなりの台数があると思います。カメラの機種を一覧にすることからはじめましょう。エクセルなどに「カメラ機種名・購入年度・カメラの状態・付属品の有無」を一覧にしましょう。
手順2
メール査定
業者が用意しているホームページの問い合わせフォームを利用して査定依頼します。
手順3
業社選定
メール査定結果を元に実際に依頼する業者を選びます。
手順4
出張買取査定
自宅まで出張してもらいカメラを本査定してもらいます。
注意
手順2のメール査定ですが、最初から出張買取として依頼するよりも、「宅配買取」を前提として査定しらもらうのがおすすめです。理由は、出張買取を想定すると査定金額が安くされちゃうことがあるからです。宅配買取を利用する場合の査定金額のほうが高くなることあるため、宅配買取を前提とした場合の査定金額を出してもらいましょう。

 

カメラの台数が多くても地方だと不利

いくらカメラの台数が多くても地方の住まいだと出張買取してくれる業者が見つかりづらいです。

山中であるとか、地方でも都市部に近いエリアなら問題ないですが、場所によっては出張不可となることあります。

でも、安心してください

なにも出張買取じゃなくても売れる!

カメラがたくさんある場合には出張買取のほうが売るための手間が少ないためおすすめですが、
住んでる地域によっては出張買取を利用できなかったり、利用できたとしても買取価格があまり高くないお店しかないというケースもあります。

そんなときは東京近郊の中古カメラ店へ宅配買取を利用して売りましょう。

宅配買取でも自宅まで梱包用の資材一式を送ってくれるお店があるため、売るためにかかる手間は最小限に抑えることができます。

自分で箱詰しなくちゃなりませんが、梱包用の資材が用意されるため、思ったほど手間はかかりません。

 

お店選びについてはこのページを参考にしてください。